西の果ての自転車乗り

長崎のぼっちチャリダー。長崎市内でロードバイクに乗っています。

【準備編】BRM527 イトシマ300(2017/5/27〜5/28)

人生2度目のブルベ。

2月にBRM225 テンカイホウを完走できたので、今回300kmにチャレンジしました。

 

今回はその準備編です。

 

①ライト

・フロントライト:VOLT1200 & VOLT800

リアライト:RAPID-X3 & OMNI3

・ヘルメット用の小さなリアライト

日が暮れてから明けるまで走る必要がある事から、通常はVOLT1200の150lm運用(ランタイム17.5hr!!)、暗い道はVOLT800で補助。

→これは正解。真夜中の山道が怖かったので、視界を照らせるヘルメットライトがあればって思ったけど、普通に深夜の山道にビビってただけです、、

 

②バッグ

トップチューブバッグ(TOPEAK)とサドルバッグ(APIDURA×RAPHA )。

荷物の容量的にトップチューブバッグは必要なかったけど、モバイルバッテリーでGARMINと要すればライトを充電する必要があるので取り付け。

サドルバッグには、輪行袋(これまで使ったことないけどロングライドなので念のため、、)、予備のチューブ×2とCO2ボンベ×2、補給食、簡単な救急セットをイン!

容量はまだまだ余裕、だけどなかなかこのサドルバッグを使う機会がないから、この機会にがっつり使ってきました!

実際にがっつり使わないと分からないことは多い。。。これは実走編で。

 

③ボトルケージ部

ここは迷った。日が出ると暑くなるだろうし、2ボトルにしようとしたけど、大部分が夜中だし1ボトル+ツール缶に決定。

ツール缶には携帯工具類、チューブ×1、CO2ボンベ×1、タイヤレバーを収納。

心配だったので持って行ったパンク対応品は、計3セットのチューブとCO2ボンベw結構な重さだった、、

→PC毎にボトルを補給するって考えた場合、飲み物の量はギリギリな感じ。2ボトルがやっぱりいいなー。

ボトルケージ増設しよう( ̄∀ ̄)

 

④ウェア

事前に調べた所、最低気温14度ぐらいだったので暑がりな自分は以下に決定!

上:夏用ジャージ+ファイントラックパワーメッシュT+アームカバー

下:夏用レーパン

→途中寒すぎな所があったのでこれは半分失敗。ウインドブレーカーは必須でした。

 

 

⑤その他の持ち物

GARMIN edge1000J

→全てがGARMINのナビ頼り

・モバイルバッテリー

GARMINとライトの充電用に容量多めのモババ(Ankerの10000mAh)を持参。

結局ライトの充電は不要だったので、いつものロングライド用の5000mAhもあれば十分過ぎた。

・補給食

→羊羹とウィダープロテインバー。

PCで毎回満腹近く食べたので、結局食べたのは羊羹1個のみw自分の場合、補給食はもっと少なくても良さそう。

・ドリンクに溶かす用の粉

→グリコパワープロダクション(クエン酸+BCAA)×3個

コンデジ

→持ち運びやすくて画質もそこそこ良いcanon g7xを肩掛けで!

が、ライド中はほとんど夜中だったので、肉眼でも風景が良く分からない状況、、虹の松原とか撮りたかったのに真っ暗で何も分からず(°_°)

・ブルベカード、Qシート、レシートを入れる用の防水袋

 

 

⑥事前準備

・ルートのGARMINへのインストー

→分かり易いようにPC間毎のルートを作成し、GARMINに保存。めんどくさいけど、ルートが長いとフリーズしやすい気がするから。(根拠はない)

・睡眠

当日は夕方出発だったので、昼寝をしとこうと思ったけど1hr程度しか寝れず、、

慣れないことは急にできないw

 

f:id:nishi-roadbike:20170529220138j:imagef:id:nishi-roadbike:20170529220152j:image

 

色々考えて準備したつもりだったけど、やっぱりロングライドとかナイトライドとか経験しないと分からないことばっかりってことを実感。。

 

2017年4月ライド総括

・総距離  :588km

・獲得標高 :11,847m

・最長ライド:144.15km、3,742m up  

f:id:nishi-roadbike:20170514171855j:image

 

・平日朝乗った回数:4回

 

休日だけだと全然乗れないから、

平日早朝にも乗ろうと思ったけど

全然乗れてない。。。

 

お布団峠の攻略難しい(´Д` )

 

f:id:nishi-roadbike:20170514171834j:image

 

 

機材とエンジンとモチベーション

3月は馬鹿みたいに忙しくてあまり乗れず。

 

その鬱憤を晴らすべく4/1に野母崎方面に行ってきました!

 

ロード買った当初は良く行ってた野母崎だけど、最近は全く行かず。

 

冬は寒いし海風強いし寒空の下で見る海は余り好きじゃない。

でも3月後半から暖かくなってきてたし行こうと決断。

これが正解で天気が良かったのもあって海沿いの道は最高に気持ちいいことを再確認。今年の夏も海沿いライドしてコーラorガリガリくん。これしかない。

f:id:nishi-roadbike:20170408223013j:image

 

気分が良かったので権現山にも行ってタイムでも測ってみようと権現山方面へ。

、、と言ってもゆるポタペースでしか登れない(笑)

 

しかし!!

前回計測時より、機材は進化(クロモリ→カーボン)、冬もそこそこ走ってたので、それなりにヒルクラしても自己記録は余裕で更新するだろうと思ってました。(´∀`)

 

ゼーハーと荒い呼吸をしながら登り、意気揚々とタイムを確認してみると、

 

、、、まるで変わってねぇ、、

f:id:nishi-roadbike:20170408222139j:image

 

分かったことは3つ。

①機材よりエンジン

②普通に乗ってただけだと体力はつくけど、速くはならない、、

③機材の軽量化<体重の増加(乗る前から分かってた)

 

速くなりたいってモチベーションはないけど、毎朝できるだけ乗って、体重とタイムがどれだけ変わるか確認しよう、、

BRM225テンカイホウ参加

もうすっかり記憶もないので結果と写真と今後出る際の反省だけ。

 

①時間

10時間丁度!

時間的にはもっとゆっくりできたけど、後半は日が落ちる前にゴールしようとだけ思ってたw

やっぱり暗い中+車が多い道走るのはストレス溜まるからそれを回避!

 

②今後への改善

もっとライドを楽しむために、次ブルベ出るときはグルメなんかの寄り道スポットを見つける!こんな機会じゃないと走らないとこ多いし、楽しむポイントを自分で作らないともったいない!

次はBRM527イトシマに出たい!

 

③写真

f:id:nishi-roadbike:20170317223914j:imagef:id:nishi-roadbike:20170317223924j:imagef:id:nishi-roadbike:20170317223933j:imagef:id:nishi-roadbike:20170317223941j:imagef:id:nishi-roadbike:20170317223948j:imagef:id:nishi-roadbike:20170317223954j:imagef:id:nishi-roadbike:20170317224001j:image

 

BRM225テンカイホウ参加(準備)

今年やりたい事の一つ、それはブルベ参加!!

 

そこで2/25にブルベデビュー(ただし200km)してきました!

 

コースは、川棚→展海峰→武雄→有明海に沿って諫早→大村→川棚  というコース

コースプロファイルは、前半凸凹、後半フラットで獲得標高2000ちょいなので、難易度はそれ程高くなさそう。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=63508705835ffc84c48e489960b571d2

 

ブルベ未経験の自分にとって心配なこと。

それは車検峠が越えられるか、忘れ物がないかでしたw

 

ヘルメット、ベル、反射ベスト、フロント/リアライト付けりゃ大丈夫ってのは分かっていたけど、ライトのランタイムとか予備ライトとか準備品の必須〜推奨の狭間で迷いまくりました、、

 

迷った挙句、以下を準備。

•フロント

  メイン  :  cateye volt800

  予備用  :  乾電池式のGENTOS

 •リア

  常灯用  :  cateye OMNI3 (新規購入)

  夜用  :  lezyne strip drive pro

 •ヘルメット尾灯

  Bikeguy トライスター(念のため)

 

 

あとはナビ用のガーミンとそれの給電用のモバイルバッテリー、僅かな補給食、ABUSの簡易なチェーンロック(結局PCは物騒な場所ではなかったので軽いワイヤーロックで良かった)。

 

メンテ品は、チューブ2個(CO2ボンベも2個)、タイヤレバー、ミニ工具等々を準備。

 

それらがツール缶とtopeakのサドルバックMギリギリ入る感じ。

 

補給食に関してはどこでもコンビニ、自販機あるし現地調達、パンクは一回でもしたらDNFして車置いてる川棚しおさいの湯までまで帰ろうと思ってました。(変えチューブまで連続パンクして自走できなくなったら悲惨、、)

 

前日の内に、全部車に詰め込んで、、、次に続く

 

クロモリロードからカーボンロード(CANYON)に乗り換えた話②

次はインプレ編です。

 

重かったクロモリと比べてどうか。

乗る前はやっぱり軽さだと思っていたけど、それ以上に感じたのは剛性でした。

 

カーボン硬!と思ったのと同時にこれがアルミ含めた普通のレベルで、またこれが良く言われるクロモリのしなりだったのかと認識。

 

多分BB付近の形状の差なんだろう。クロモリはどこでも同じ径、だって細い鉄パイプだから。だけどそれだから美しい。

カーボンはBB付近はめっちゃ太い、力かからないとこは細い。合理的。

 

もちろん普通に乗ってる分には貧脚だしクロモリフレームのしなりなんて感じないけど、登坂や速度上げようと思った時のダンシング時に、クロモリは踏み込んでからフレームがしなって自転車が動く感じがあった。

今思えば竹のような感じ。

 

それと比べてカーボンはすいすいダイレクトに進む。硬い、だけど岩とか鉄の塊みたいな重いものがベースにある感じはなく不思議な感じ。 

 

、、と調子のってたらすぐに足攣りそうになったw

柔いクロモリは足には優しいけど、それに甘んじてこれまでのペダリングが適当だったのかも。回すペダリングしないと!

 

あとは平地の巡行速度はほぼ変わらず(´-`)

 

登坂はちょっと速くなったかなっという程度。

速くはなってると思うけど、結局坂はきつい。これはもっと良い機材使っても変わらないんだろうw

 

 唯一クロモリとカーボンで比べれそうなセグメント(オレンジがカーボンロード、黒がクロモリロード)

f:id:nishi-roadbike:20170228062824j:image

 

20秒くらいは速くなってるけど、気持ち次第でどうにでもなりそうな微妙な差ww

やっぱエンジン鍛えな、、

 

クロモリロードからカーボンロード(CANYON)に乗り換えた話①

最初の一台を選ぶ時に何を重視するか。

自分は見た目でクロモリロード(ラレーCRN)を選んだ。

 

フレームがホリゾンタルでパイプが細いのがかっこよかった。装備含めた重量が12キロ近くだったけど見た目がそれを上回っていた。序盤はそれで十分だった。。

f:id:nishi-roadbike:20170226131252j:image

 

ただ慣れてくるにつれ、坂登るにつれ、山に行くにつれ、もっと軽けりゃ楽に早く登れるんじゃね、、と半年ぐらい思い続けてたら、キャニオンから自転車が届いた。

 

買ったのはコスパがいいと噂のキャニオンでUltimate CF SL 7.0。カーボンロードで一番安いやつ。9.0にしようか迷ったけど、7.0と9.0の差額でシャマルかレーゼロを買うことを夢見て7.0にした。

 

色は赤か白にするかだいぶ迷って白にした!黒地に赤はかっこ良いけど、シックな白をポチった。

f:id:nishi-roadbike:20170226130154j:image

 

写真見て赤じゃね?って思った人もいるかと思うけど、自分も段ボール開けて赤が見えたときそう思った。保護シールかと思ったけど赤のデザインだった。注文確認メール確認してもやっぱり白だった。

f:id:nishi-roadbike:20170226130457j:image

キャニオンに連絡して交換してもらおうかと思ったけど、面倒くさいし、早く乗りたいし、元々どっちの色でも良かったのでこれを受け入れた。

 

商品到着は思ってたより全然早かった。ポチってから二週間ぐらいで家に届いた!ただ注文する時にバイク代金に加えて送料が、家に届けられる時に関税がかかる。自分の場合で送料+関税で3〜4万程度だった。

 

段ボールの中のバイクの状態は前輪とハンドルが外されて状態で、その部分だけ組み立てる必要あり。梱包はがっちりで中で動くことも無いようだった。

組立は日本語のマニュアルついてるし、簡易だけどトルクレンチついてるしから誰でも組み立てられると思う。

ちなみにフロント、リアの変速もバッチリ調整されていた。

 

ただ自分でそれなりにメンテできる人か持ち込みOKの自転車店知ってる人じゃないと買わない方がいいんじゃないかと思う。

 

あと迷うのはフレームサイズ。キャニオンのサイトで身長、股下などなど入れると適正フレームサイズを選べる機能があるけど、フレームサイズは身長で決まってるようだった。股下は「身長の割に股下短すぎる。計測ミスだから測り直せ」って言われるだけのもので、キャニオンが提案するフレームサイズには影響しないし、何度股下計測し直しても自分の股下は伸びなかった(´-`)

ちなみに自分は身長179でフレームサイズMを注文!サイズは丁度だった!気になる人は今のバイクのジオメトリーと見比べたりした方が良いと思う。

 

ちなみに今の仕様は以下の通り。次はホイールアップデートしたい。

コンポ:ブレーキ以外105、ブレーキのみアルテグラ

ホイール:ゾンダ

 

次はインプレ編(といってもクロモリとの違い)書きます